イスラム圏への旅行予定者必見!知っておきたい旅のマナーと習慣

出発前から知っておこう!イスラム圏を旅するときの服装のマナー

海外へ旅する醍醐味の一つが、異文化に触れることではないでしょうか。世界中には、日本とは大きく異なる文化を持つ国がたくさんあります。その一つが、イスラム文化が浸透している国々です。宗教色の薄い日本とは異なり、信仰心の強いイスラムの人たちの住む国を楽しく旅するためには、最低限のマナーを知っておくことが必要です。
旅する前から知っておきたいマナーが、服装についてです。イスラムの国々では、その国に住む女性だけでなく、外国からの観光者も含めて、女性は、胸元の開いた服や、体のラインがはっきりとしているもの、足などの露出が多いものは、控えることが必要です。男性の場合も、過剰に肌を露出した服装は避けたほうがよいでしょう。特に、宗教施設を訪れる場合には、入ることができないこともあるため、注意が必要ですよ。

旅先で、買えない?食べれない?旅を無駄にしないための基礎知識

期間の決まった旅行の場合、1日1日が貴重な時間となりますよね。そこで、知っておきたい情報の一つが、イスラム圏の休日のとり方における習慣です。
イスラム教では、金曜日を安息日としています。このため、町にあるたくさんのお店が、金曜日になるといっせいに閉まってしまうということがあります。また、イスラム教徒にとって大切なラマダンとよばれる期間は、日の出から日没まで断食が行われるため、日中は、レストランなど食事ができるお店が閉まってしまうこともあります。現地で戸惑わないためにも、前もって知っておき、スケジュールを組む際には気をつけるとよいでしょう。
国や地域ごとにもつ固有の文化に触れ、同じ体験をすることも、旅のすてきな思い出となるのではないでしょうか。